INDEX | 食の概要 || 食べ物の3つの働き | 栄養素の基礎知識 | 代謝のしくみ || トラブル解決エコレシピ | ライフステージ別食育 | 食 de eco | 食 Do! 楽 |

ライフステージ別食育 〜食育の基本〜

なぜ食育が必要なの?

現在、食をめぐる問題には次のようなものがあるとされています。

「食」を大切にする心の欠如

食べ物そのもの、食べ物の作り手、お店の人、料理を作ってくれた人、そして自分がそれを食べられることなど全てを含めた食べ物に対する感謝の気持ちを持たない人が増えています。
その結果、日本の食品廃棄量は1,136万トンにおよび、輸入食品の1/3を廃棄しているという現状があります。

伝統的な食文化の喪失

日本の食文化は、正月や各節句の時にお祝いする行事食としての食文化と、各地で取れる食材を使って昔から受け継がれている地方での独特の食べ物・食べ方の食文化があります。
しかし、技術の発達とともに冷凍・冷蔵などさまざまな保存が可能となり、世界中、日本中どこからでもいろいろな食べ物が運ばれてくる現在、これらの日本人の知恵が凝集した伝統食が失われつつあります。

栄養バランスの偏った食事

日本では昔から主食(ご飯)を中心とした食生活が行われてきましたが、戦後、食生活の洋風化が急速に進み、主菜(おかず)の割合が増え、中でも特に畜産物(肉、乳製品、卵など)や油脂の消費が増えてきました。
それにより、主食である米などの穀類に多く含まれる炭水化物の消費が減少する一方で、脂質の摂取が増加し、栄養バランスの偏った食事になりやすくなっています。

不規則な食事の増加

20歳代の朝食を欠食する割合が増えています。また、塾通いやテレビの深夜番組などの影響により夜遅くまで起きているようになった結果、朝食を欠食する小・中学生も増加傾向にあります。

肥満や生活習慣病の増加

30〜60歳代の男性の3割が肥満者となっています。糖尿病については、「強く疑われる人」、「可能性が否定できない人」が増加傾向にあります。
高血糖、高血圧、高脂血、内臓脂肪型肥満などは別々に進行するのではなく、「1つの氷山(メタボリックシンドローム)から水面上に出たいくつかの山」のような状態であり、根本的には食生活の改善が必要とされています。
メタボリックシンドローム

過度のやせ志向

特に、20〜39歳の若い女性のやせの割合が増えています。

「食」の海外への依存

食料自給率は、その国で消費される食料がどのくらい国内で生産されているか(自給の度合い)を示す指標です。日本の食料自給率は、1965年には73%でしたが、その後減少し、2008年は41%となっています。
日本人の食べ物の60%は輸入品ということになり、主な先進国と比べても、我が国の食料自給率は主要な先進国の中で最低水準となっています。

「食」の安全への関心の高まり

昨今のBSEや豚インフルエンザ、輸入野菜の残留農薬、食品の偽装表示の問題など、食の安全や安心を揺るがす出来事が相次いだことから、食の安全・安心への関心が高まっています。

BSE(牛海綿状脳症)
狂牛病とも呼ばれ、牛の脳の中に空洞ができ、スポンジ(海綿)状になる病気。
これら「食」にまつわる問題は、必ずしも1分1秒を争うものばかりではありませんが、このままだと将来「食」の問題がさらに多く、複雑になる可能性があります。
一人一人が意識し、実践して、社会全体で食育が推進されることが必要なのです。

国では2005年7月に「食育基本法」、2006年3月に「食育推進基本計画」を施行し、食育を国民運動として推進していくことを明らかにしました。「食」に関する知識と選択する力を持ち、健全な食生活の実践を図る事が必要です。
Copyright (C) 2017 「食 Do!」は、健康管理士一般指導員 の 特定活動非営利法人 日本成人病予防協会 が制作しております。