INDEX | 食の概要 || 食べ物の3つの働き | 栄養素の基礎知識 | 代謝のしくみ || トラブル解決エコレシピ | ライフステージ別食育 | 食 de eco | 食 Do! 楽 |

ライフステージ別食育 〜食育の基本〜

食育の基本イメージそもそも「食育」という言葉は、決して新しい言葉ではありません。
例えば、明治時代の村井弦斉による『食道楽』という新聞小説の中に、「食育」という言葉が登場しています。

ここでは、「小児には、徳育よりも智育よりも、体育よりも、食育が先。体育、徳育の根源も食育にある」と書かれています。
体も心も食べることで育まれるということが、この頃すでにいわれていたのです。

しかし、この「食育」という言葉は定着しませんでしたが、1990年代に入ると、食に関心のある人々がこの言葉を使用することが増え、現在では食生活の問題が多く生じてきたため、食育が求められるようになりました。

食育の概要

「食育」とは、2005年に成立した食育基本法において、「生きるための基本的な知識であり、知識の教育、道徳教育、体育教育の基礎となるべきもの」と位置づけられています。
単なる料理教育ではなく、生涯を通じた健全な食生活の実現、食に対する心構えや栄養学、伝統的な食文化などについての総合的な教育ということです。

つまり、「これを食べなさい」、「このように食べなさい」というものではなく、さまざまな経験を通じて、一人一人が食べることを大切にし、自ら望ましい食生活を考える習慣や食に関するさまざまな知識、食を選択する判断力を身に付け、それを実現できる人間を育てることを目的としています。
それが結果として、食事を通じて健康な体づくりと維持、生活の質(QOL)の向上につながるといえます。
 
近年、国をはじめ社会のさまざまなところで食育が注目されています。食育は、自らありたい姿をめざし、個人や集団で学ぶものです。
そして、 食育を実践する場合は、食事と食生活を正しく理解できる知識とスキルを身につけ、それを実現できる「食の環境」をつくりあげることが大切です。
食べ物の3つの働き
Copyright (C) 2017 「食 Do!」は、健康管理士一般指導員 の 特定活動非営利法人 日本成人病予防協会 が制作しております。