INDEX | 食の概要 || 食べ物の3つの働き | 栄養素の基礎知識 | 代謝のしくみ || トラブル解決エコレシピ | ライフステージ別食育 | 食 de eco | 食 Do! 楽 |

食 Do! 楽 (食を楽しむためのコンテンツ)

食 Do! 楽 コラム

お肌の基礎は食事から! 美肌食 第2弾 〜甘酒〜

美肌食の第2弾は、「甘酒」です。
「飲む点滴」とも呼ばれる甘酒の成分と、おすすめの取り入れ方をご紹介致します。

美肌

<甘酒には美容成分がいっぱい!>
普段の食卓ではあまり馴染のない甘酒ですが、実は美容効果の高い成分がふんだんに含まれています。

@コウジ酸
甘酒の原料である麹に含まれる成分で、メラニンの生成を抑え、美肌に導くといわれています。

AビタミンB26
ビタミンB2は脂肪の代謝に、ビタミンB6は肌のもとになるタンパク質の代謝に不可欠です。
また、ビタミンB6は神経系にも働きかけるので、肌荒れの原因となりやすい気分の落ち込みやイライラなどの解消につながります。

Bフェルラ酸
ポリフェノールの一種で抗酸化作用があります。老化の原因となる活性酸素の発生を抑えます。

C食物繊維
麹に多く含まれ、血液がサラサラになったり、便秘解消などに役立ちます。

Dオリゴ糖
善玉菌のエサとなり、腸の働きを促進させ、腸内環境の改善に役立ちます。

Eシステイン
アミノ酸の一種で、肌や髪、爪をきれいに保ちます。髪に悩みがある人にもおすすめです。

Fビオチン
ビタミンB群の一種で、肌や髪などに不可欠なコラーゲンの生成を助けます。

甘酒

<もち麦のおすすめレシピ>
甘酒には、酒粕を原料にした「酒麹」の甘酒と、米を発酵させる過程でできる「米麹」の甘酒です。
酒麹の甘酒は甘味が少なく、米麹の甘酒は米の甘味があるため、砂糖の量を抑えながらおいしく頂くことができます。
今回は、米麹を使った甘さ控えめヘルシーなお菓子を紹介します♪
<甘酒蒸しパン>
材料(2人分) 分量
鶏卵 1個
グラニュー糖 40g
米麹の甘酒(無加糖) 70g
小麦粉 100g
ベーキングパウダー 小さじ1+1/4
小豆(煮たもの) 適量

<作り方>
  1. 鶏卵とグラニュー糖をボールに入れ、白くなるまで混ぜる
  2. 1.に甘酒を加えて混ぜ、合わせてふるっておいた小麦粉とベーキングパウダーを数回に分けて加えてよく混ぜる。
  3. ベーキングカップに入れ、小豆を適量にのせる。
  4. 蒸し器で約20分、あるいは電子レンジ600Wで約3分半加熱する。
甘酒蒸しパン

これから寒くなる季節です。甘酒で体を温めながら、もちもちできめ細かい肌を手に入れましょう♪

食 Do! 楽 コラム バックナンバー

Copyright (C) 2017 「食 Do!」は、健康管理士一般指導員 の 特定活動非営利法人 日本成人病予防協会 が制作しております。