INDEX | 食の概要 || 食べ物の3つの働き | 栄養素の基礎知識 | 代謝のしくみ || トラブル解決エコレシピ | ライフステージ別食育 | 食 de eco | 食 Do! 楽 |

食 Do! 楽 (食を楽しむためのコンテンツ)

食 Do! 楽 コラム

お肌の基礎は食事から! 美肌食 第3弾 〜女性ホルモンと食事〜

美肌食の第3弾は、「女性ホルモンと食事」です。
女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンという2種類のホルモンがあり、分泌の増減を調節してバランスを保っています。
このバランスが崩れてしまうと生理不順が起きたり、婦人科系の体の器官に負担をかけてしまい、肌荒れの原因となります。

美肌

生理中は体を温めよう
普段から体を冷やさないように心がける必要がありますが、特に生理中は体が冷えやすく、しっかりと体を温めることが大切です。肌トラブルを回避するために、食事で体を冷やさない工夫をしましょう♪

〜体を温めるもの〜

〇野菜
冬が旬である野菜は体を温めるものが多いです。ニラ、レンコン、ネギ、ごぼうなどおすすめです。
体を温めるもの 野菜

〇発酵食品
納豆や漬物などの発酵食品や味噌・醤油などの発酵調味料は、腸を活性化して、体の代謝を上げて、体を温めてくれます。
体を温めるもの 発酵食品

〇薬味やスパイス
生姜や山椒、コショウ、カレー粉などの薬味やスパイスを、いつもの料理に少し加えて体を温めましょう。
体を温めるもの 薬味やスパイス

大豆製品を取ろう
大豆に含まれるイソフラボンという成分は、女性ホルモンの1つであるエストロゲンと似た働きを持っています。適度に取り、エストロゲンの分泌を高めましょう。
大豆製品を取ろう

<鉄分を取ろう>

女性は生理中、鉄分が不足しやすくなります。
鉄分が豊富に含まれている高野豆腐やレバー、牛肉、ひじき、小松菜、納豆などを食べましょう。また、鉄分はビタミンCと一緒に取って、体への吸収を高めましょう!
鉄を取ろう

<おすすめレシピ>
体を温める野菜、発酵食品、薬味と、イソフラボンが豊富な豆腐を組み合わせたレシピを紹介します♪
<肉味噌豆腐炒め>
材料(2人分) 分量
豆腐 1丁
にら 50g
牛挽肉 60g
味噌 大さじ1
小さじ1
ねぎ 30g
生姜 1片
醤油 適量
<作り方>
  1. にらとねぎを細かく切り、豆腐はさいの目に切っていきます。生姜は卸しておきます。
  2. フライパンに油をひき、挽肉、にら、ねぎを炒めます。
  3. 酒、味噌、醤油を入れ、味を整えたら、卸した生姜を入れます。
  4. 豆腐に火が入ったら、お皿に盛り付けて出来上がりです♪
肉味噌豆腐炒め

冬は身体が冷えて、女性ホルモンのバランスも崩れやすくなります。 しっかりと体を温めて、食事もバランス良く取りましょう♪

食 Do! 楽 コラム バックナンバー

Copyright (C) 2017 「食 Do!」は、健康管理士一般指導員 の 特定活動非営利法人 日本成人病予防協会 が制作しております。