INDEX | 食の概要 || 食べ物の3つの働き | 栄養素の基礎知識 | 代謝のしくみ || トラブル解決エコレシピ | ライフステージ別食育 | 食 de eco | 食 Do! 楽 |

食 de eco (食でエコ)

調理 de eco! (調理でエコ)

素材を使いきろう!

買ってきた食べ物を使い切れていますか?冷蔵庫で眠っていませんか?
素材を使い切ることはごみの量を減らす大切なエコ。さまざまな献立で食べ物を使い切りましょう。

また、野菜の皮や魚の骨など捨ててしまうのはもったいない!
安全な野菜や魚を選んで工夫すれば、おいしい料理がもう一品作れて、しかも栄養満点。ごみも減らせて一石二鳥です。
例えば大根や人参の皮は漬物やきんぴらなどの炒め物に、ナスのへたや皮は揚げ物に、工夫次第で素敵な料理に変身しますよ。
食材

作る量とタイミングを工夫しよう!

料理が余ってしまい、結局はごみに…ということを防ぐためにも、適量を意識して、作り過ぎないようにしましょう。買い物のときにも、買い過ぎないように注意が必要です。
もし余ってしまったら?そんなときは翌日に別の料理に変身させてみてはいかがでしょうか。
例えば肉じゃがを使ってコロッケに、ヒジキの煮物は白和えに作り変えてみると、まったく別の料理として生まれ変わりますよ。

作るタイミングもエコにつながります。家族一緒に食事を取るようにすれば、温めなおしたりする無駄なエネルギーを消費せずに済みます。食べる直前に調理が終わるように、タイミングを考えましょう。
食育
の点から見ても、家族の団欒の中で食事をすることはとても大切です。

調理器具を賢く利用しよう!

毎日使う電気やガスを上手に節約して、エコを積み重ねましょう。鍋で煮炊きする際には蓋をして熱を逃がさないようにする、炎の大きさを調節するなど、調理器具を正しく使うことで、エネルギー消費を押さえ、さらにCO2も削減できますよ。
<便利でエコな調理器具>
  • 電子レンジ電子レンジ
    短い時間で、効率的に火を通すことができます。野菜の下ごしらえなどに上手に使いましょう。

  • 保温調理器保温調理器
    余熱を利用してじっくり素材に火を通す調理器具です。鍋が沸騰したら保温容器に入れておけば、そのまま火が通る仕組みです。加熱時間も短いので、省エネにつながります。
  • 保温調理器圧力鍋
    蓋をして密閉し圧力を高めることで、短時間で調理できます。短時間で火を通すため、素材の栄養分やうまみも逃しにくいのが特徴です。
Copyright (C) 2017 「食 Do!」は、健康管理士一般指導員 の 特定活動非営利法人 日本成人病予防協会 が制作しております。