INDEX | 食の概要 || 食べ物の3つの働き | 栄養素の基礎知識 | 代謝のしくみ || トラブル解決エコレシピ | ライフステージ別食育 | 食 de eco | 食 Do! 楽 |

食の概要 〜栄養素の基礎知識〜

炭水化物 脂質 タンパク質 脂溶性ビタミン 水溶性ビタミン ミネラル 食物繊維 その他

「ダイエットのビタミン」 パントテン酸

パントテン酸の特徴

  • 炭水化物、脂質、タンパク質の代謝を助ける
    炭水化物脂質タンパク質代謝を助けるさまざまな酵素の作用をサポートするため、ダイエットに役立つビタミンといわれており、理想のボディバランスを目指す女性注目のビタミンです。多くの方に愛用されています。
    コエンザイムAという補酵素の構成成分として、多くの代謝過程において中心的な役割をしており、体内すべての組織にとって必須のビタミンであるといえます。さらにビタミンCの作用を助け、傷ついた皮膚の回復に役立つほか、髪のダメージの改善を助ける役割も持っています。
  • HDL-コレステロールを増やす
    HDL−コレステロールには、血液中の余分なコレステロールを回収して肝臓に運び、体外への排出を促すという動脈硬化を抑制する働きがあります。
    パントテン酸にはこのHDLの生成を促す働きがあるので、パントテン酸を十分に取ることは動脈硬化や心筋梗塞などの予防につながります。
  • ストレスへの適応を助ける
    人はストレスを感じると、副腎皮質ホルモンという抗ストレスホルモンが分泌されます。このホルモンは血糖値を上昇させることにより、使えるエネルギー量を増やし、ストレスに対する抵抗力を強めます。パントテン酸はこの副腎皮質ホルモンの産生を助けます。
  • 抗体や神経伝達物質をつくる
    ビタミンB6や葉酸などほかのビタミンB群とともに、「抗体」という免疫機能に働く物質をつくり出します。
    また、「アセチルコリン」という神経伝達物質をつくるのに必要だったり、有害物質の解毒に働いたりと、生命活動の維持に重要な役割を担う必須のビタミンです。

パントテン酸を多く含む食べ物

−パントテン酸を多く含む食べ物−
パントテン酸を多く含む食品
パントテン酸を取り過ぎると?
一般の食べ物からの摂取の場合、特に過剰症は認められません。
パントテン酸が不足すると?
  • 低血糖症
  • 十二指腸潰瘍
  • 免疫力低下
  • 腰痛
  • しわ、脱毛
  • アレルギー

パントテン酸の上手な取り方

パントテン酸の語源が、ギリシャ語の「いたる所に存在する」にあるように、微量ではありますが、動物性から植物性までいろいろな食べ物に広く含まれています。
また、腸内細菌によっても合成されるので、普通の食生活で欠乏することはほとんどありません。

パントテン酸は、あらゆる食べ物に含まれていますが、缶詰・冷凍・精製などの加工過程で分解されやすいので、加工度の低い食べ物を利用したほうが、効率よく取ることができます。
ただし、アルコールやカフェインを取るとパントテン酸は消耗される量が増えます。これらを毎日多量に飲んでいる人は、なるべく多めに取るよう心掛けましょう。
Copyright (C) 2017 「食 Do!」は、健康管理士一般指導員 の 特定活動非営利法人 日本成人病予防協会 が制作しております。