INDEX | 食の概要 || 食べ物の3つの働き | 栄養素の基礎知識 | 代謝のしくみ || トラブル解決エコレシピ | ライフステージ別食育 | 食 de eco | 食 Do! 楽 |

食の概要 〜栄養素の基礎知識〜

炭水化物 脂質 タンパク質 脂溶性ビタミン 水溶性ビタミン ミネラル 食物繊維 その他

「血液のビタミン」ビタミンK

ビタミンKの特徴

  • 血液を固める
    ビタミンKには、血液を凝固させる成分の合成を助けて、けがや内出血を起こした時に止血をする大切な働きがあります。
    また、血液が凝固するのを抑制する機能もあり、ビタミンKは血液を凝固させたり、それを抑制したりと表裏の働きを担っています。
  • 骨を丈夫にする
    ビタミンKは、骨からカルシウムが排出されるのを防ぐとともに、カルシウムを骨に沈着させるのに必要です。
    ビタミンDカルシウムを骨に運ぶだけでなく、骨から運びだすこともあるのに対し、ビタミンKはカルシウムが骨に沈着するのを助けるタンパク質の働きを高め、カルシウムが骨になるのを助ける働きをしています。
    ビタミンDとともに、丈夫な骨づくりのために重要です。

ビタミンKを多く含む食べ物

−ビタミンKを多く含む食べ物−
ビタミンKを多く含む食品
ビタミンKの種類
ビタミンKは緑黄色野菜などから摂取されるビタミンK1と、微生物によって合成されるK2とがあります。

1は主に植物の葉緑体でつくられるため、ほうれん草などの緑色の濃い野菜や海草などに多く含まれます。
2は主に微生物によってつくられるため、発酵食品である納豆などに多く含まれ、腸内細菌によっても合成されます。
ビタミンKを取り過ぎると?
ビタミンKは脂溶性ですが、過剰症は報告されていません。
ただし、抗血液凝固剤を服用している人や血栓症の人は、ビタミンKの摂取量が制限されることがあります。医師の指示に従って調節しましょう。
ビタミンKが不足すると?
  • 出血が止まりにくくなる、鼻血
  • 骨粗しょう症
  • 早期老化
  • 脂肪性下痢、便症
生まれてすぐの新生児は腸内細菌が未発達なため、ビタミンK2が十分に合成されません。
よって母乳中のビタミンK2が不足すると、消化管出血や頭蓋内出血などの「新生児K欠乏症出血症」を引き起こしやすくなります。
そのため、生後すぐの新生児にはビタミンKのシロップを飲ませるといった方法がとられています。

ビタミンKの上手な取り方

ビタミンKは、腸内細菌のような微生物によって合成されるので、発酵食品の納豆に特に多く含まれています。また、植物の葉緑素でも合成されることから、緑黄色野菜や海藻にも豊富に含まれているので、不足する心配はありません。
しかし、腸内環境が整っていないと、スムーズにビタミンKをつくることができないため、ヨーグルトやチーズ、キムチなどの発酵食品を取り、腸内環境を整えるとよいでしょう。脂溶性ビタミンなので、油と一緒に取ると吸収率がアップします。熱にも比較的安定しています。
Copyright (C) 2017 「食 Do!」は、健康管理士一般指導員 の 特定活動非営利法人 日本成人病予防協会 が制作しております。