INDEX | 食の概要 || 食べ物の3つの働き | 栄養素の基礎知識 | 代謝のしくみ || トラブル解決エコレシピ | ライフステージ別食育 | 食 de eco | 食 Do! 楽 |

食の概要 〜栄養素の基礎知識〜

炭水化物 脂質 タンパク質 脂溶性ビタミン 水溶性ビタミン ミネラル 食物繊維 その他

「女性のビタミン」 ビタミンB6

ビタミンB6の特徴

  • タンパク質の代謝を助ける
    食べ物から取ったタンパク質をアミノ酸に分解したり、アミノ酸を原料に皮膚や髪の毛、爪などの体組織、酸素を運搬するヘモグロビンのタンパク質をつくるのを手助けします。
    ビタミンB6が不足してアミノ酸の代謝が滞ると、こうした働きにも影響が出ます。タンパク質の摂取量が増えるほど、必要な量も増加します。
  • 神経伝達物質を合成する
    ビタミンB6は、神経間で情報を伝えるためのセロトニン、ドーパミン、アドレナリン、ギャバ(GABA)などの重要な神経伝達物質の合成に必要です。
    また、体外から侵入した病原体を攻撃して無力化させる免疫物質の「免疫グロブリン」をつくるのにも欠かせません。
  • つわりや月経前症候群(PMS)の軽減
    つわりは必須アミノ酸の一つであるトリプトファンの代謝がうまくいかないことが原因とされ、ビタミンB6を服用することで、その症状を軽減することができると期待されています。
    また、月経前のホルモンのアンバランスによって起こる腰痛や頭痛、イライラなどの「月経前症候群」を軽減する作用もあります。

ビタミンB6を多く含む食べ物

−ビタミンB6を多く含む食べ物−
ビタミンB6を取り過ぎると?
  • 神経障害
  • 光過敏症
  • シュウ酸腎臓結石
一般の食べ物からの摂取の場合、特に過剰症は認められません。
ビタミンB6が不足すると?
  • 口内炎、舌炎、皮膚炎(ビタミンB2不足の合併症として起こります)
  • 貧血
  • けいれん
  • むくみ
  • 神経過敏
  • アレルギー
  • つわりの悪化、妊娠中毒症
妊婦や経口避妊薬の常用者は、ホルモンの関係で不足しやすくなります。

ビタミンB6の上手な取り方

ビタミンB6は、肉や魚などの動物性食品に多く含まれています。豆類や穀類、野菜、果物などにも含まれていますが、植物性食品に含まれるビタミンB6は体内での利用効率が低いので、動物性食品から取ったほうが効率がよいのです。
また、光に対して不安定なので、ビタミンB6を含む肉や魚は鮮度のよいものを選びましょう。

ビタミンB6は腸内細菌によってもつくられることから、一般的には不足しにくいのですが、抗生剤を長期間飲んでいる人では不足することがあります。
ビタミンB2も合わせて取ろう!
ビタミンB6ビタミンB2とともに、脂質代謝に欠かせないビタミンで、肝臓に中性脂肪がたまらないようにする働きがあります。
アルコールを多量に取っていると、肝臓に中性脂肪が貯まる脂肪肝になりやすいのですが、放置すると肝硬変に進む危険があります。お酒のつまみには、2やB6を多く含む枝豆、空豆、納豆、レバー、チーズ、旬の魚を盛り合わせた刺身などを取りましょう。

ビタミンB6が体内で活性型に変わるには、ビタミンB2の助けが必要です。したがってビタミンB2が不足するとビタミンB6不足状態になりますので、ビタミンB2の不足にも注意が必要です。
Copyright (C) 2017 「食 Do!」は、健康管理士一般指導員 の 特定活動非営利法人 日本成人病予防協会 が制作しております。