INDEX | 食の概要 || 食べ物の3つの働き | 栄養素の基礎知識 | 代謝のしくみ || トラブル解決エコレシピ | ライフステージ別食育 | 食 de eco | 食 Do! 楽 |

食の概要 〜栄養素の基礎知識〜

炭水化物 脂質 タンパク質 脂溶性ビタミン 水溶性ビタミン ミネラル 食物繊維 その他

「発育・美容のビタミン」 ビタミンB2

ビタミンB2の特徴

  • エネルギー代謝を助ける
    ビタミンB2は、炭水化物脂質タンパク質代謝すべてに関わっていますが、その中でも脂質をエネルギーに変えるのを助ける働きが特に重要です。
    このため、エネルギー摂取量の多い人は、通常の量より多く必要となります。
  • 成長の促進に関わる
    成長を促進したり、皮膚、髪、爪などの細胞の発育にも関与しています。ビタミンB2は成長に必要なエネルギーの代謝に関わっているため、正常な成長の促進には欠かせない栄養素の1つであり、皮膚や各器官の粘膜を正常に保つ働きもあります。
  • 過酸化脂質を分解する
    酵素とともに働いて有害な過酸化脂質を分解する働きがあります。
    ビタミンEは過酸化脂質ができるのを防ぐ働きを持っていますが、ビタミンB2はできた過酸化脂質を消去します。

ビタミンB2を多く含む食べ物

−ビタミンB2を多く含む食べ物−
ビタミンB2を多く含む食品
ビタミンB2を取り過ぎると?
一般の食べ物からの摂取の場合、特に過剰症は認められません。
ビタミンB2が不足すると?
  • 皮膚や粘膜のトラブル   
    (口角炎、口内炎、皮膚炎、舌炎、しわ、にきびなど)
  • 子どもの成長障害
  • 眼精疲労
  • 脱毛症

ビタミンB2の上手な取り方

ビタミンB2は、レバーや魚介類、牛乳・乳製品、卵などの動物性食品に多く含まれています。調理による損失が比較的少なく、そのまま食べられるものも多いので、バランスよく食べていれば安心です。

しかし、水に溶けやすい特徴があるので、野菜などを水で洗う際は手際よく素早く洗うようにし、食事の際は煮汁なども一緒に取ることで、無駄なくビタミンB2を摂取することができます。

また光によって分解されやすいので、牛乳などビタミンB2を含む食べ物は、光を遮断する容器に入れて保存しましょう。
必須アミノ酸の種類と働き
一般に、ビタミン源となる肉類・魚介類・卵・大豆・乳製品はアミノ酸がバランスよく含まれています。穀類はリジンが不足していますが、リジンが豊富な動物性食品と一緒に取ることで、栄養価が高まります。

多様な食べ物を同時に食べることが大切で、そういった意味からも、主食・主菜・副菜のそろったバランスのよい献立にしたいものです。
Copyright (C) 2017 「食 Do!」は、健康管理士一般指導員 の 特定活動非営利法人 日本成人病予防協会 が制作しております。