INDEX | 食の概要 || 食べ物の3つの働き | 栄養素の基礎知識 | 代謝のしくみ || トラブル解決エコレシピ | ライフステージ別食育 | 食 de eco | 食 Do! 楽 |

食の概要 〜栄養素の基礎知識〜

炭水化物 脂質 タンパク質 脂溶性ビタミン 水溶性ビタミン ミネラル 食物繊維 その他

「血液のビタミン」ビタミンB1

ビタミンB1の特徴

  • 炭水化物の代謝を助ける
    炭水化物がエネルギーに変わる時に重要な働きをします。激しい運動をすると、エネルギー産生の時に、疲労物質である乳酸もつくられて、体内に蓄積されてしまい、疲労や筋肉痛の原因になります。
    しかしビタミンB1はこの乳酸をエネルギーに変える手助けをし、体内に乳酸がたまらないようにします。
  • 神経の機能を円滑にする
    ビタミンB1は脳や神経の大切なネルギー源となって、神経間で情報を伝えるための神経伝達物質の合成に必要です。脳の中枢神経や手足の末梢神経の働きを正常に保つためにも役立っています。
    脳や神経に充分にエネルギーが補充されることによって集中力が増し、記憶力が向上するとともに、ストレスを緩和して精神の安定をさせる効果があります。

ビタミンB1を多く含む食べ物

−ビタミンB1を多く含む食べ物−
ビタミンB1を多く含む食品
ビタミンB1を取り過ぎると?
一般の食べ物からの摂取の場合、特に過剰症は認められません。
ビタミンB1が不足すると?
  • 脚気
    (食欲不振や疲労感、手足のしびれ、動悸、息切れ、むくみ)
  • 胃腸障害
  • 食欲不振
  • 心理的ストレス
  • 肩こり、関節炎
  • ウェルニッケ・コルサコフ症候群
    (手足のまひ、意識障害)

ビタミンB1の上手な取り方

主食は、玄米や胚芽米、全粒粉パンなど胚芽つきのものがビタミンB1を多く含むため、おすすめです。
また、ビタミンB1は水に溶けやすい性質を持ち、加熱するといっそう溶けやすくなるので、汁ごと食べられる調理法がよいでしょう。
「アリシン」と「アノイリナーゼ」
にんにく、にら、ねぎ、たまねぎなどの野菜には、アリシンという物質が含まれ、「アリシン」とビタミンB1がくっつくと「アリチアミン」という物質になります。
アリチアミンは水に溶けにくく熱にも強いため、調理による損失が少なくてすみます。また、血液中に長く留まることができ、長時間利用されます。このため、効率よくビタミンB1を摂取することができます。

反対に、わらびやぜんまい、淡水魚、貝類には、「アノイリナーゼ」というビタミンB1を分解する酵素が含まれています。アノイリナーゼは加熱によって分解できるので、ビタミンB1を摂取したい時には、これらの食材は加熱調理して用いるようにしましょう。
Copyright (C) 2017 「食 Do!」は、健康管理士一般指導員 の 特定活動非営利法人 日本成人病予防協会 が制作しております。