INDEX | 食の概要 || 食べ物の3つの働き | 栄養素の基礎知識 | 代謝のしくみ || トラブル解決エコレシピ | ライフステージ別食育 | 食 de eco | 食 Do! 楽 |

食の概要 〜栄養素の基礎知識〜

炭水化物 脂質 タンパク質 脂溶性ビタミン 水溶性ビタミン ミネラル 食物繊維 その他

不足しがちな栄養を補う 「サプリメント」

サプリメントとは

サプリメントとは、法令などにより定められているものではなく、一般に健康の保持増進に役に立つ食べ物として位置づけられているもの全般をいいます。
このうち、国が「保健機能食品制度」の中で健康の保持増進効果を確認したものを「保健機能食品」といいます。
保健機能食品には、「特定保健用食品」と「栄養機能食品」があります。

医薬品との違いは作用の仕方にあります。医薬品は病気や症状に直接働きかけて病気を治すものですが、サプリメントは不足している栄養素を補う、食事の一部です。
あくまでも毎日の食事に不足している栄養素を補う「食べ物」として利用しましょう。
サプリメントとは
本サイトで用いる「サプリメント」という言葉は、一般に「健康の保持増進に資する食品として販売・利用されるもの」を総称しています。
このなかには「いわゆる健康食品」、「保健機能食品」「特別用途食品」が含まれます。

サプリメントの分類

国が法的に認めている「特定保健用食品」と「栄養機能食品」、「特別用途食品」のほかに、「いわゆる健康食品」といわれるものとして、「健康補助食品」「栄養補助食品」「栄養強化食品」「栄養調整商品」「健康飲料」などがあります。

「とくほ」とは?

特定保健用食品マークいわゆる「とくほ」とは「特定保健用食品」の通称です。製品ごとに消費者庁からある健康表示をつけることを許可されたものをいいます。
例えば「おなかの調子を整える」「血圧が高めの方に適する」といった特定の保健の目的が期待できることを表示するものです。

表示には、国が安全性や特定の保健機能の有効性など、科学的根拠について審査・許可を必要とします。ただし、医薬品ではないため、病気の治療に使用するものではありません。

以前は厚生労働省が許可・承認を行っていましたが、2009年9月1日より消費者庁に食品の表示業務が移管されました。
2005年に制度の見直しが行われ、特定保健用食品には次の3つが加わりました。

  • 条件付き特別保健用食品
    条件付き特別保健用食品マーク科学的根拠レベルまではいかないものの、一定の有効性が認められている食品については、「○○を含んでおり、根拠は必ずしも確立されていませんが、△△に適している可能性がある食品です。」のように科学的根拠が限定的であることが分かる表示をすることを条件に、許可されることになりました。
  • 特定保健用食品(規定基準型)
    特定保健用食品のうち、これまでの許可件数が多く科学的根拠が蓄積したと考えられるものについて、国において新しく規格基準がつくられました。
    この規格基準を満たしているとして許可されたものを特定保健用食品(規格基準型)といいます。
  • 疾病のリスク低減表示の容認
    特定保健用食品のうち、関与する成分を摂取することによる疾病のリスクの低減が医学的・栄養学的に確立されている場合のみ、「疾病のリスクを低減させるのに役立つ」という表示をすることが認められました。
−表示具体例−
特別保健用食品 表示具体例

栄養機能食品とは?

ライフスタイルの変化や超高齢化、不規則な生活などによって1日に必要な栄養素を取れない場合その補給・補完のために利用する食品のことをいいます。
特定保健用食品のように個別に国の許可を受けている食品ではありません。

国が定めた上・下限値の規格基準に適合している場合、その栄養成分の機能を表示することができます。
機能の表示と併せて注意事項などを表示しなければなりませんが、国への許可申請や届出は必要ありません。
−表示具体例−
栄養機能食品 表示具体例

特別用途食品とは?

特別用途食品とは、乳児、妊産婦、病者などの発育または健康の保持、もしくは回復の用途に適するという特別な用途について限定して表示した食品です。
許可された食品には、国の許可証票がつけられます。
特別用途食品とは

サプリメントを取るときの注意点

サプリメントは医薬品ではなく、あくまでも食べ物です。
このことに留意しながら、以下のことに注意して取るとよいでしょう。

  • 食事はきちんと取りましょう
    サプリメントはあくまでも足りない栄養を補うためのものです。サプリメントを取ってさえいれば、食事はどうでもいいというわけではありません。
    毎日の食事でできるだけ必要な栄養素を取りましょう
  • 1日の摂取量を守りましょう
    サプリメントの表示ラベルには1日の摂取(目安)量が書かれています。
    成分によっては取りすぎによる過剰症を起こす場合があります。
    必ず1日の摂取量を守るようにしましょう
  • 必要な成分かどうかを調べましょう
    有名な成分などになると情報だけがひとり歩きしてしまい、イメージだけで選んでいる人が少なくありません。
    自分にとって本当に必要な成分かどうかをよく調べてみましょう
    成分によっては単独ではなく、グループでより効果を発揮する場合もありますので、そのあたりもよく調べてみましょう。
  • 保存方法に気をつけましょう
    品質の劣化を防ぐためにも、高温多湿な場所に長時間置いかないなど、保存方法にも気を付けましょう。
    製品によっては保存方法がラベルに表示されていますので、必ず守るようにしましょう
Copyright (C) 2017 「食 Do!」は、健康管理士一般指導員 の 特定活動非営利法人 日本成人病予防協会 が制作しております。