INDEX | 食の概要 || 食べ物の3つの働き | 栄養素の基礎知識 | 代謝のしくみ || トラブル解決エコレシピ | ライフステージ別食育 | 食 de eco | 食 Do! 楽 |

食の概要 〜栄養素の基礎知識〜

炭水化物 脂質 タンパク質 脂溶性ビタミン 水溶性ビタミン ミネラル 食物繊維 その他

紫外線から体を守る 「カロテノイド」

カロテノイドの特徴

カロテノイドは、野菜や果物、えびや鮭などの魚介類、海藻などの赤、橙、黄色の色素成分の総称で約600種ある色素の一種です。植物だけではなく動物性食品にも含まれる脂溶性の色素で、アルコールに溶けるカロテン類とアルコールに溶けないキサントフィル類に分類されます。
代表的な成分がカロテン類のβ-カロテンです。いずれも脂溶性なので、油とともに摂取すると吸収率が高まります。
カロテノイドの働き
  • 紫外線から体を守る
    体内でビタミンAの働きをするβ-カロテンは、それ自体で抗酸化作用がある機能性成分として働きます。他のカロテノイド類も同様に抗酸化作用があります。  
    紫外線は有害な活性酸素を生み出し、体をさびつかせます。常に紫外線にさらされている動植物は、色素で紫外線の害から身を守っているのです。こうした色素類は人間にも有効に働き、日焼けやしみなども予防してくれます。
  • 組み合わせて取ると効果アップ
    体内に吸収されたカロテノイドは、種類によって異なる臓器に貯蔵される傾向があることや、病気になると特定のカロテノイドの血液濃度が下がることも分かってきました。
    1つのカロテノイドではなく、いろいろな種類の複合したカロテノイドを摂取するとよいといわれています。
カロテノイドの種類・効果・多く含む食べ物
種類 期待できる効果 多く含む食べ物
β-カロテン
(黄色の色素)
・視力向上
・皮膚、粘膜を正常化
・抗がん作用
・免疫力アップ
すい臓に作用
・モロヘイヤ ・春菊
・かぼちゃ
・にんじん ・あしたば
・ほうれんそう
β-カロテン
α-カロテン
(黄色の色素)
・抗酸化作用
・皮膚、粘膜を正常化
・免疫力アップ
・にんじん  
・かぼちゃ
・パーム油    
α-カロテン
リコピン
(赤色の色素)
・抗酸化作用
・抗がん作用
・視覚機能維持
・トマト ・トマト製品
・柿 ・すいか
  
リコピン
ルテイン
(黄色の色素)
・網膜の正常化
・抗酸化作用
・子宮の健康維持
目、大腸、子宮に作用
・ほうれん草 
・芽キャベツ
・そば ・とうもろこし
 
ゼアキサンチン
(オレンジ色の色素)
・網膜正常化
・白内障予防
・抗酸化作用
目、皮膚に作用
・レバー ・卵黄
・ブロッコリー 
・オレンジ
・とうもろこし 
・マンゴー
 
ゼアキサンチン
カプサイシン ・グリコーゲン分解促進
・体脂肪燃焼
・胃腸内の殺菌
・とうがらし
・ししとう
カプサイシン
アスタキサンチン
(赤色の色素)
・抗酸化作用
・免疫力アップ
・鮭 ・たい ・かに 
・いくら ・えび
アスタキサンチン
クリプトキサンチン
(オレンジ色の色素)
・抗酸化作用
・毛細血管強化
・抗がん作用
・みかん
・とうもろこし
・レモン ・赤ピーマン
クリプトキサンチン
Copyright (C) 2017 「食 Do!」は、健康管理士一般指導員 の 特定活動非営利法人 日本成人病予防協会 が制作しております。