INDEX | 食の概要 || 食べ物の3つの働き | 栄養素の基礎知識 | 代謝のしくみ || トラブル解決エコレシピ | ライフステージ別食育 | 食 de eco | 食 Do! 楽 |

食の概要 〜栄養素の基礎知識〜

炭水化物 脂質 タンパク質 脂溶性ビタミン 水溶性ビタミン ミネラル 食物繊維 その他

骨や細胞膜をつくる 「リン(P)」

リン(P)の特徴

リンはカルシウムに次いで体内に多く存在するミネラルで、成人の体重の約1%を占めます。
このうち約85%は、カルシウムマグネシウムと結合して骨や歯の成分になっています。
残りの15%は、リン脂質という形で細胞膜の成分になったり、遺伝情報を伝える核酸(DNA)の成分としてあらゆる細胞に存在しています。

リン(P)を多く含む食べ物

乳製品、わかさぎ、ししゃも、いわし丸干し、高野豆腐、大豆などに多く含まれます。
リン(P)を多く含む食品
リン(P)を取り過ぎると?
  • カルシウムの吸収を妨げる
  • 腎機能の低下
リン(P)が不足すると?
  • 骨や歯が弱くなる
  • 疲れやすい
  • 歯槽膿漏

リン(P)の上手な取り方

食事から摂取するリンとカルシウムのバランスは1:1〜2:1が理想とされています。
現代の食生活では、保存性を高めるために加工食品にリン酸塩として添加されているため、リンを取り過ぎ、カルシウムが不足しやすい傾向にあるようです。
加工食品をよく食べる人は、積極的にカルシウムの多い食べ物を取ることが大切です。

牛乳や乳製品に含まれるリンはカルシウムとのバランスがよく、効率的に骨を強化することができます。肉や魚、卵といった主菜となる食べ物は、圧倒的にリンの割合が高いので取り過ぎに注意が必要です。
リン含有量の少ない野菜や海藻類をたっぷり取ることで、バランスを調整しましょう。
Copyright (C) 2017 「食 Do!」は、健康管理士一般指導員 の 特定活動非営利法人 日本成人病予防協会 が制作しております。