INDEX | 食の概要 || 食べ物の3つの働き | 栄養素の基礎知識 | 代謝のしくみ || トラブル解決エコレシピ | ライフステージ別食育 | 食 de eco | 食 Do! 楽 |

食の概要 〜栄養素の基礎知識〜

炭水化物 脂質 タンパク質 脂溶性ビタミン 水溶性ビタミン ミネラル 食物繊維 その他

代謝を助ける 「マグネシウム(Mg)」

マグネシウム(Mg)の特徴

マグネシウムは、カルシウムリンとともに骨の成分になります。体内では骨に多く存在し、次いで筋肉、神経と続きます。筋肉が収縮したり、神経が興奮したりする現象は、筋肉や神経の細胞にカルシウムが出入りすることが刺激になって起こります。
このカルシウムの調節をするのがマグネシウムです。

マグネシウムのもう1つの大切な働きは、ビタミンB群とともに、炭水化物タンパク質脂質代謝を助けることです。これらの代謝には酵素が必要ですが、マグネシウムは体内にある300種以上の酵素の働きを助けています。

マグネシウム(Mg)を多く含む食べ物

大豆・大豆製品、海藻類、種実類、玄米などの未精製の穀類などに多く含まれます。
マグネシウム(Mg)を多く含む食品
マグネシウム(Mg)を取り過ぎると?
普通の食事で過剰の心配はありません。仮にマグネシウムを取り過ぎたとしても、腸管からの吸収量が調節されるしくみになっていますが、あまりに過剰に取ると下痢を起こすこともあります。
マグネシウム(Mg)が不足すると?
  • 食欲不振、嘔吐
  • 神経過敏症、精神疾患
  • 動悸、不整脈、虚血性心疾患

マグネシウム(Mg)の上手な取り方

カルシウムを多く取るほど、マグネシウムの排せつ量が増えるため、マグネシウムとカルシウムは1:2の比率で取るのが理想的です。
マグネシウムは加工していない食べ物に多く含まれています。日本人がよく食べるもので、マグネシウムの供給源となっているのが穀類です。精製すると減ってしまうので、胚芽米、玄米、全粒粉のパンなどを毎日食べていれば、不足することはありません。
そのほか、大豆製品、種実類などを積極的に取りましょう。  

運動などで骨に力が加わると、骨を頑丈にするため、骨をつくる細胞の活動が活発になります。そうすると必要となるマグネシウムの量も増え、マグネシウムの吸収率、体内にあるマグネシウム総量が増加します。
また、アルコールを多く取ると尿中のマグネシウム排せつ量が増えてしまうので、お酒を飲む方はマグネシウムを積極的に摂取するように心掛ける必要があります。
Copyright (C) 2017 「食 Do!」は、健康管理士一般指導員 の 特定活動非営利法人 日本成人病予防協会 が制作しております。