INDEX | 食の概要 || 食べ物の3つの働き | 栄養素の基礎知識 | 代謝のしくみ || トラブル解決エコレシピ | ライフステージ別食育 | 食 de eco | 食 Do! 楽 |

食の概要 〜栄養素の基礎知識〜

炭水化物 脂質 タンパク質 脂溶性ビタミン 水溶性ビタミン ミネラル 食物繊維 その他

高血圧を防ぐ 「カリウム(K)」

カリウム(K)の特徴

カリウムは、ナトリウムとともに体液を構成する主要成分で、細胞内に多く含まれています。
細胞外に多いナトリウムと作用し合いながら、細胞内外の水分調節や、細胞の浸透圧を維持しています。
また、ナトリウムが腎臓で再吸収されるのを防ぎ、尿への排せつを促がすため、血圧を下げる作用があり、高血圧予防の栄養素として有効です。

また、酵素の反応を調節する働きもあります。

カリウム(K)を多く含む食べ物

いも類、アボカド、昆布、ひじき、バナナ、大豆などに多く含まれます。
カリウム(K)を多く含む食品
カリウム(K)を取り過ぎると?
  • 高カリウム血症
  • 心不全
  • 胃腸の不調、下痢
  • 血圧低下
カリウム(K)が不足すると?
普通の食事で不足する事はまずありません。しかし、下痢、嘔吐、利尿剤の長期服用などにより、カリウム排せつ量が増えると、脱力感や食欲不振といった欠乏症状が現れる場合があります。

カリウム(K)の上手な取り方

カリウムは調理による損失が大きいため、ゆでたり煮たりすると30%ほどが水に溶け出してしまいます。そのため、料理では煮汁も一緒に取ると効率よく摂取できます。

インスタント食品をはじめとした加工食品ばかりに頼らず、新鮮な果物や生野菜などの自然の食べ物を摂取することも心掛けましょう。
Copyright (C) 2017 「食 Do!」は、健康管理士一般指導員 の 特定活動非営利法人 日本成人病予防協会 が制作しております。