INDEX | 食の概要 || 食べ物の3つの働き | 栄養素の基礎知識 | 代謝のしくみ || トラブル解決エコレシピ | ライフステージ別食育 | 食 de eco | 食 Do! 楽 |

食の概要 〜栄養素の基礎知識〜

炭水化物 脂質 タンパク質 脂溶性ビタミン 水溶性ビタミン ミネラル 食物繊維 その他

貧血を予防する 「コバルト(Co)」

コバルト(Co)の特徴

コバルトは体内では主にビタミンB12の構成成分として存在します。ビタミンB12を別名コバラミンと呼ぶのもコバルトを含むことに由来しています。
コバルトそのものを摂取しても意味はなく、ビタミンB12として摂取することで、栄養素として体内に確認できます。

その作用のほとんどはビタミンB12によるもので、骨髄の造血機能を高める(赤血球の核酸の生成に関与している)ので、悪性貧血を予防します。
また、神経の働きを正常に保つ役割を持っており、また生体バイオリズムの正常化にもかかわっています。

コバルト(Co)を多く含む食べ物

レバー、肉類、魚介類、乳製品、納豆、もやし、ワラビ、ひじきなどに多く含まれます。
コバルト(Co)を多く含む食品
コバルト(Co)を取り過ぎると?
特に過剰症と呼ばれるような症状は認められません。
コバルト(Co)が不足すると?
ビタミンB12の欠乏症と同じ症状が現れます。
  • 悪性貧血
  • 食欲不振、消化不良
  • 集中力や記憶力低下
  • 神経障害
  • 早期老化

コバルト(Co)の上手な取り方

コバルトはビタミンB12と同じく、肉・魚・貝類など動物性食品から広く摂取しなければ不足してしまうため、厳格に菜食主義を守っている人は注意が必要です。
Copyright (C) 2017 「食 Do!」は、健康管理士一般指導員 の 特定活動非営利法人 日本成人病予防協会 が制作しております。