INDEX | 食の概要 || 食べ物の3つの働き | 栄養素の基礎知識 | 代謝のしくみ || トラブル解決エコレシピ | ライフステージ別食育 | 食 de eco | 食 Do! 楽 |

シチュエーション別トラブル解決エコレシピ

食中毒 男の子に多いトラブル

梅雨が近づくと、毎年食中毒のニュースが多くなるけど、
抵抗力が弱い娘の咲は大丈夫かしら・・・。
この時期に多い食中毒の特徴と予防法を知りたいわ!! 。
食中毒ってどういうものをいうの?
食品に付着した細菌やそれらが産生する毒素、有毒な化学物質、自然毒によって起こる健康障害を「食中毒」といいます。代表的な症状として、嘔吐、腹痛、下痢などの急性の胃腸障害が挙げられます。
     
 

健康管理士からのワンポイント★
『食中毒の分類』


大きく分けて、4つのタイプに分けられます。

●細菌性食中毒
細菌によって発症する食中毒。食中毒全体の大部分を占め、特に気温が上昇する6〜9月に大量発症する傾向にある。
健康管理士からのワンポイント
●ウイルス性食中毒
ウイルスによって発症する食中毒。冬季に発症する食中毒のほとんどがこのタイプで、約90%がノロウイルスによって起こるとされている。

●自然毒による食中毒
毒キノコやふぐなど、植物や動物にもともと存在する毒素を摂取することで発症する。致死率が高い。

●化学物質による食中毒
商品の生産・製造・加工を経て、摂取されるまでの間に農薬や有機水銀などの化学物質が混入することによって発症する。年間の発生数は最も少なく、季節性もない。
 
     
気温と湿度が上昇する梅雨の時期に多くなる細菌性食中毒を中心に説明をしましょう!
どんな特徴があるの?
細菌性食中毒は、次の3種類に大別されます。
  • 感染侵入型
    細菌に感染した食品を摂取し、体内で増殖することによって発症します。
  • 感染毒素型
    食品とともに摂取した原因菌が体内で毒素を産生し、原因菌と毒素によって発症します。
  • 毒素型
    原因菌が増殖する時に産生した毒素が蓄積され、それを摂取することによって発症します。
細菌性食中毒の3つの種類
何が原因なのかしら?
主な原因菌と、代表的な原因食品を紹介します。
  • 感染侵入型感染侵入型
    ・サルモネラ菌……鶏肉や鶏卵など
    ・腸炎ビブリオ菌…魚介類(特に生食)など
    ・病原性大腸菌……多種の食品や井戸水など
  • 感染毒素型感染毒素型
    ・ウェルシュ菌……カレーやシチューなどの食肉加熱調理
    ・腸管出血性大腸菌O-157…生や加熱不十分な牛肉・牛レバーなど
  • 毒素型毒素型
    ・黄色ブドウ球菌…おにぎりやサンドウィッチなど
    ・ボツリヌス菌……ハムやソーセージなど
どうしたら予防できるの? 〜食中毒予防の3原則〜
食中毒菌を @つけない  A増やさない  B殺す  が原則です!
食中毒予防の3原則に従って、食品の購入から保存、調理、食事までの間で注意すべき項目を確認しましょう。
<購入>
注意点 ポイント 3原則のどれに
当てはまる?
魚・肉・野菜など鮮度を見極める 賞味期限など表示期限を確認 A増やさない
冷蔵・冷凍が必要な食品は最後に購入 できるだけ早く帰宅する A増やさない
魚・肉の水分が漏れ出さないように ビニール袋に分けて入れる @つけない

<保存>
注意点 ポイント 3原則のどれに
当てはまる?
冷蔵・冷凍が必要な食品はすぐに保存 ・冷蔵庫に詰め過ぎないように
・早めに使い切る
A増やさない
食品ごとに保存する場所を決める ビニール袋や容器に入れる @つけない

<調理>
注意点 ポイント 3原則のどれに
当てはまる?
手は石鹸でしっかり洗う 指輪ははずし、手首まで洗う @つけない
解凍 ・室温解凍は菌が増殖しやすいので冷蔵庫や電子レンジで
・冷凍と解凍を繰り返さない
A増やさない
魚や肉を切った包丁とまな板 すぐに洗剤で洗い、熱湯で処理 B殺す
加熱 中心部の温度75℃で1分間以上 B殺す

<食事>
注意点 ポイント 3原則のどれに
当てはまる?
食卓と食器 清潔な器具と食器を使う @つけない
食事の温度 ・温かく食べる料理65℃以上
・冷やして食べる料理10℃以下
A増やさない
     
 
管理栄養士・健康管理士からのエコアドバイス

★ 管理栄養士・健康管理士からエコアドバイス★


6月は「梅仕事」の月といわれ、梅干しや梅酒などの保存食を作る時季です。      
蒸し暑くなると雑菌が繁殖しやすく、食中毒が起こりやすくなります。
梅は殺菌力・防腐力・解毒力が強いため食中毒の予防も期待でき、食欲や消化力を高めて疲労を回復させてくれるので、暑い夏を乗り切るのにピッタリの食材です。
  カレンダー「旬の食材カレンダー」はこちら→
 
     
食中毒を解消するオススメエコレシピ
<豚肉とやまいもの梅しそ巻き>
梅干しのクエン酸としその香りのもととなるペリアアルデヒドという成分は、強い制菌効果が期待できます。
また、やまいもには消化を助けるジアスターゼやムチンも含まれているため、胃腸の働きを助けてくれます♪
レシピイラスト
材料(4人分) 分量
豚薄切り肉 16枚
やまいも 200g
しそ 16枚
梅ペースト 適宜
(A)
  しょうゆ 大さじ4
みりん 大さじ2
砂糖 大さじ3
適宜
適量
<作り方>
  1. (A)を合わせておく。(お好みで塩・コショウをふってもよい)
  2. やまいもは皮をむき、16等分に拍子木切りにする。
  3. 豚肉に梅ペーストを薄く塗ってしそを敷き、端に2を置いて巻く。
  4. フライパンに油を敷き、3の巻き目を下にして焼いてから転がしながら全体に火を通す。
  5. 4.に1を加えて蒸し焼きにして、できあがり♪
食中毒は胃腸に症状が出るのね…。
食材の管理と胃腸を丈夫にする食事が予防になるのね。
明日のおかずはこれに決まりね ♪
Copyright (C) 2017 「食 Do!」は、健康管理士一般指導員 の 特定活動非営利法人 日本成人病予防協会 が制作しております。