INDEX | 食の概要 || 食べ物の3つの働き | 栄養素の基礎知識 | 代謝のしくみ || トラブル解決エコレシピ | ライフステージ別食育 | 食 de eco | 食 Do! 楽 |

シチュエーション別トラブル解決エコレシピ

老眼 成人女性に多いトラブル

最近、パパが新聞を読む時、
今までより少し距離を離しているんだけど…。
これって老眼の始まりかしら?
老眼ってどういうもの?
目のレンズの役割をしているのが水晶体で、網様体筋という筋肉で水晶体の厚みを変えて、自動的にピントを合わせています。
しかし、加齢によって水晶体が硬くなると、網様体筋が頑張っても厚みを変えることができなくなります。
このように、目のオートフォーカス機能が低下することによって、スムーズにピントを合わせることができなくなり、近くの物が見えにくくなります。
−老眼のしくみ−
老眼のしくみ
     
 

健康管理士からのワンポイント★
 『老眼とは』


早い人では40歳前後から、平均で45歳くらいになると、物の見え方に何らかの変化がみられるようになります。そして、その後も老眼は進みますが、視力が安定するのは60歳前後といわれています。
「眼精疲労だろう」と誤った判断をしたり、「無理したらなんとか見える!」と我慢して長い時間放置していると、頭痛や肩こり、吐き気などの症状が現れることもあります。早めに対処しましょう!
健康管理士からのワンポイント
 
     
どんな症状が現れるの?
<30代後半から要注意★老眼チェック>
項目 チェック
@ 今まで読めていた小さな文字が読みにくくなった  
A ピントがなかなか合わない  
B 近くを見ようとすると、目が疲れる  
C 少し距離を離すとよく見える  
D 夕方、または薄暗いところで見えにくくなる  
※当てはまる数が多いほど老眼の可能性があります。
老眼をケアするためには
老眼は誰にでも起こります。老眼鏡やコンタクトレンズで矯正しましょう!
<老眼鏡>
単眼点 二重焦点 累進多焦点
手元を見る時
単焦点
手元と身の回りを見る時
二重焦点
1つのメガネで近くと遠くが見える
累進多焦点
手元のみピントを合わせてある。 2点にピントを合わせ、視線を変えて見る位置を変える。 遠く、近く、中間距離にもピントを合わせてある。
<コンタクトレンズ>
  単焦点
モノビジョン法
二重焦点 累進多焦点





 
見たい物の距離に合わせた方を利き目につける
単焦点・モノビジョン法
交代視型
視線の位置によって見え方が変わる
二重焦点
真ん中が遠用、外側が近用
同時視型
近方か遠方のどちらも見える
累進多焦点
真ん中が遠用、外側に行くにつれて近用





 
単焦点・モノビジョン法
同時視型
二重焦点
 同時視型
累進多焦点
どうしたら健やかに乗り切れるの?

食事

抗酸化物質で老眼予防をしましょう。

−積極的に取りたい 栄養素−
栄養素 作用 主な食材
ルテイン 強い抗酸化作用によって、水晶体や網膜の中心部に位置する黄斑部を守る ケール、ほうれん草、ブロッコリー、芽キャベツなど
アントシアニン ポリフェノールの一種で、抗酸化作用を持つ。目の疲れを和らげる。 ブルーベリー、ぶどう、黒豆など
コエンザイム 強い抗酸化作用を示す。 いわし、さば、うなぎ、牛肉、豚肉など
ビタミンA 皮膚や粘膜の健康を維持する。物を見る明るさを保つ。 にんじん、小松菜、ほうれん草、レバー、うなぎなど

日常できるケア

たばこや紫外線も目にダメージを与えます。生活スタイルを見直しましょう。

     
 
管理栄養士・健康管理士からのエコアドバイス

★ 管理栄養士・健康管理士からエコアドバイス★


芽キャベツは、11〜2月です。
芽キャベツに含まれるルテインは、カロテノイドという野菜や果物、海草などの食品に含まれる色素の一種です。強い抗酸化作用が目の健康を守ります。
芽キャベツは洋食の煮込み料理に使うとした茹でをしなくても芯まで柔らかくなり、味が染み込んでおいしくなります。
  カレンダー「旬の食材カレンダー」はこちら→
 
     
老眼の方にオススメエコレシピ
<芽キャベツのホワイトシチュー>
芽キャベツに含まれているルテインは、強い抗酸化作用を持っていて、目の健康を守ります。
また、 にんじんは目のビタミンであるビタミンAをたっぷり含んでいるので、老眼の方におすすめの組み合わせです。
芽キャベツとにんじんを入れたクリームシチューで、体も心も温かくしましょう♪
レシピイラスト
材料(5人分) 分量
芽キャベツ 10個
鶏肉 250g
にんじん 1本
たまねぎ 1・1/2個
じゃがいも 2個
バター 10g
クリームシチュールウ 1箱
牛乳 1カップ
3カップ

エネルギー(1人分):279kcal
<作り方>
  1. 鶏肉、人参、玉ねぎ、じゃがいもを一口大に切り、バターを熱した鍋で炒める。
  2. 1.に水を加えて沸騰したら、芽キャベツを入れ、材料が柔らかくなるまで弱火〜中火で15分煮込む。
  3. いったん火を止めて2.にルウを割り入れ、再び弱火でとろみが出るまで5分煮込む。
  4. 3.に牛乳を入れてさらに5分煮込む。
  5. 器に盛り付けて出来あがり!
お疲れぎみのパパの胃にもやさしいメニューね!
子ども達も喜ぶわ♪
Copyright (C) 2017 「食 Do!」は、健康管理士一般指導員 の 特定活動非営利法人 日本成人病予防協会 が制作しております。