INDEX | 食の概要 || 食べ物の3つの働き | 栄養素の基礎知識 | 代謝のしくみ || トラブル解決エコレシピ | ライフステージ別食育 | 食 de eco | 食 Do! 楽 |

シチュエーション別トラブル解決エコレシピ

物忘れ 成人女性に多いトラブル

最近実家の母が、物忘れがひどくなってきたみたいで、
ちょっと心配なの。認知症だったらどうしましょう・・・。
違いや予防法など知りたいわ。
物忘れってどういうもの?
物忘れとは、記憶力が低下することにより、物事を忘れてしまう、ど忘れすることなどをいいます。
人は誰でも歳を重ねると物忘れが増えてしまうものですが、日常生活に支障をきたすような場合は、特に注意が必要です。

物忘れには大きく分けると2種類あり、加齢などによって記憶力が低下する「生理的な物忘れ」と、脳に何らかの障害が起こって記憶力や判断力が低下する「認知症」などによる「病的な物忘れ」です。
「生理的な物忘れ」は、誰にでも起こるもので、脳に記憶されているものの、一時的にそれを思い出せない状態です。そのため、何かのきっかけで思い出すことがあります。
しかし、「病的な物忘れ」は、何かを経験したということ自体がすっぽり抜け落ちてしまいます。抜け落ちた記憶はもとに戻らず、思い出すことがないのです。
そのため、日常生活に支障をきたすことになってしまうので、専門医を受診して状態にあった対応をしていく必要があります。

また、物忘れは脳機能低下の始まりと言われており、生理的な物忘れの場合でも「歳だから仕方ない」などの理由をつけて何の対策もしないでそのままにしておくと、数年以内にアルツハイマー病になってしまう可能性が非常に高いと言われていますので、早めの対策を心がけましょう。
どんな症状があるの?
生理的な物忘れと、病的な物忘れの症状の違い

生理的な物忘れ
・やったことの一部を忘れる
・ものの名前を忘れることが多く、物事自体は思えていることが多い
・忘れっぽいことを自覚できる
・人や場所、時間はほぼ正しく認識できる
・日常生活にさほど支障はない

病的な物忘れ
・やったことを全部忘れる
・ものの名前だけでなく、物事自体も忘れてしまう
・忘れっぽいことを自覚できない
・人や場所、時間をきちんと認識できない
・日常生活に支障をきたす
症状
生理的な物忘れと病的な物忘れ
     
 

健康管理士からのワンポイント★
 『病的な物忘れ(認知症)の原因となる主な病気』


ここでは、深く触れませんが、
認知症の原因となる病気には、「脳血管性認知症」、「レビー小体型認知症」、「アルツハイマー病」などがあげられます。
最近では、これらが併発しているケースもあることが分かってきています。
健康管理士からのワンポイント
「脳血管性認知症」
<原因>
 脳梗塞や、脳出血などの「脳血管疾患」が原因となって、脳の中の記憶に関する部位や、言語に関する部位が障害されることで起こる。
<主な症状>
 ・物忘れをする ・意欲、自発性低下 ・怒りっぽい ・歩行が小刻みになる
 ・ろれつが回らない ・物が飲み込みにくい ・頻尿、尿失禁

「レビー小体型認知症」
<原因>
 レビー小体とは、大脳皮質の神経細胞の内部や神経細胞から出ている突起に「α-シヌクレイン」というタンパクがたまって形成されたものです。
これが増えて、大脳皮質などの神経細胞を死滅させることで認知症の症状が現れます。
<主な症状>
 ・物忘れをする ・幻覚(幻視、幻聴、等) ・睡眠障害、せん妄
 ・緩慢な動作 ・歩行障害

「アルツハイマー病」
<原因>
 認知症の原因の中で一番多く4割以上をしめています。βアミロイド蛋白と呼ばれる異常なタンパク質が脳全般に蓄積することで、脳の神経細胞が変性・脱落し、脳が萎縮してしまう病気です。
 特徴として、記憶を司る海馬が萎縮することがあげられ、そのため機能が低下して記憶することができなくなると考えられています。
<主な症状>(段階的におこる)
 ・年相応でない物忘れ ・少し前の記憶がなくなる ・場所が分からなくなる
 ・同じことを言ったり、同じ質問を繰り返す ・徘徊など介護が必要
 ・時間や日付の感覚があやふやになる ・人物が分からなくなる

それぞれの病気の特徴をよく知った上で、状態にあった対応をしていくことが大切です。こういった症状に気付いたら、慌てずに「物忘れ外来」などの専門医に診てもらうようにしましょう。
また、お住まいのエリアの「精神保健福祉センター」「在宅介護支援センター」の窓口を訪ねてみるのもいいでしょう。日ごろの接し方を教えてくれたり、公的サービスの調整や、病院の紹介などをおこなってくれます。
 
     
何が原因なのかしら?
「病的な物忘れ」(認知症による物忘れ)の原因は、それぞれの起因となる病気によりますので、それ以外の生理的な物忘れの原因を紹介します。

  • 加齢による
    記憶力は、20歳代をピークに徐々に減退していきます。とくに60歳頃になると、記憶力に加え判断力や適応力なども衰え始め、段々と物忘れが多くなるようになります。
    しかし、人の名前を忘れてもヒントを与えると思いだすなど、自分で記憶力の低下を自覚しているような物忘れは、加齢によって誰にでも起こりうることです。
  • 不規則な生活
    栄養バランスの乱れた食生活や過労、寝不足が続き、肉体的にも精神的にも疲れがたまってくると、集中力が低下して物忘れが多くなります。
    体に疲れが溜まっていることにより起こるため、十分な休息をとって回復させましょう。
  • ストレス
    ストレスがあると集中力が落ちるため、理解力や記憶力も低くなるので、物忘れが起きやすくなると考えられています。 また、ストレスがあると、記憶がきちんと作られないことがあります。
    記憶は脳の海馬で作られ、脳内に留まるのですが、ストレスによって記憶の形成が阻害されることがあるそうです。
どうしたら予防できるの?進行を食い止めることはできないの?
「レビー小体型認知症」や、「アルツハイマー病」による物忘れには、いまだに原因がハッキリしていないため、残念ながらこれと言った予防法は分かっていません。
一般的には、バランスのよい食事を規則正しく3食取ることと、ストレスのない生活を送り、よく寝ること、軽い運動を行うことが、物忘れの軽減につながると考えられています。

食事

生理的な物忘れには、脳の機能を維持したり、老化を防ぐ栄養素をバランスよくとることが、予防につながります。
脳血管性認知症による物忘れは、脳血管疾患の予防になる栄養素を取りましょう。

−目の健康によい 栄養素−
栄養素 作用 主な食材
DHA/EPA 脳の機能を維持
脳の老化の原因となる酸化を防ぐ
かつお、ウナギ、鮭、ブリ、サバ、イワシ、サンマ、マグロ、しそ油、亜麻仁油など
亜鉛 新陳代謝を高め、老化を防ぐ
不足すると記憶力が低下する
かき、うなぎ、牛肉、レバー、たけのこ、納豆、ごま、ココア
ビタミンE 抗酸化作用で血行を改善
老化を予防
鮭、ウナギ、ハマチ、カレイ、たらこ、ほうれん草、西洋カボチャ、アボカド、アーモンド、ひまわり油
ビタミンB群 1は脳の働きを活発
6は神経伝達物質の生成
12は不足すると記憶障害
さんま、かつお、さば、いわし、マグロ、レバー、たらこ、バナナ
トリゴネリン 脳の神経細胞を活発にし、記憶力を高める コーヒーの生豆、イカ、タコ
ナットウキナーゼ 血栓をとかし脳の血行を改善 納豆

その他の予防法

○ストレスや疲れを溜めない健康的な生活を心がける
便秘は痔の一番の原因になるので、規則的な排便習慣を心がけましょう。トイレでの長居やいきみ過ぎなどは、痔を誘発・悪化させることにもつながるため、トイレは便意を感じてから行きましょう。特に朝食後の便意は逃さないように気を付けましょう!

○思い出すトレーニングをする
たとえば夜寝る前にその日の出来事をたどってみたり、昨夜の夕食のメニューや昨日あった人など、ちょっとしたことを思い出す習慣をつけてみましょう。脳の老化防止に有効です。

○イメージをプラスして記憶する
記憶する時は、名前や顔からくるイメージをプラスするようにしましょう。 山田さんだったら顔を見ながら山のイメージをプラスして覚えたり、その人との会話の一部や服装など背景となるものを一緒に記憶しておくと、記憶の糸口になります。

○メモする習慣
忘れそうなことはメモを書きながらそれをしている自分を頭の中に描くと思い出しやすいので、普段からメモを心がけましょう!

○短期記憶を司る『海馬』海馬の強化
「日記」を書くためには「直近の出来事を詳細に思い出す」作業が必要になり、この作業によって海馬に程よい刺激が加わって、海馬の強化に繋がるからだと言われているため、日記を書くようにしていましょう。

○脳のおよそ4割を占める『前頭葉』の強化
簡単な計算問題を集中して繰り返し解く事によって、前頭葉が活性化されます。
また、運動をする事によって前頭葉にある運動野を刺激し、血流も良くなって前頭葉が活性化されると考えられているので、軽い運動をしてみましょう。

     
 
管理栄養士・健康管理士からのエコアドバイス

★ 管理栄養士・健康管理士からエコアドバイス★


かつおのは、5月〜6月と8月〜9月です。
かつおは、良質のタンパク質を豊富に含み、ビタミンB群ビタミンDカリウム、脳の働きを良くする働きがあるDHA・EPAが多く含まれています。
また、身肉の4分の1を占める血合いには、鉄分ビタミンB12、血中のコレステロール値を下げるタウリンが豊富に含まれています♪
  カレンダー「旬の食材カレンダー」はこちら→
 
     
物忘れの方にオススメエコレシピ
<かつおの生姜煮>
今が旬のかつおに生姜をたっぷり使った常備菜をつくってみましょう。
ごはんのおかずにも、お弁当にも、お酒のつまみにもぴったりの一品です!
かつおは、血液の流れを良くし、脳の働きを活性化するDHA・EPAが多く含まれています。
生姜には、血行を促進する作用もあるのでオススメの組み合わせです♪
レシピイラスト
材料(3〜4人分) 分量
かつお 1さく
(刺身用約300g)
生姜 1かけ
100cc
みりん 50cc
砂糖 大さじ3
しょうゆ 80cc
<作り方>
  1. かつおは1cm角の角切りにし、熱湯にサッとくぐらせたら、水気をしっかりときります。
  2. 生姜は皮をむいて細切りにします。
  3. しょうゆ以外の材料を鍋に入れて火にかけ、沸騰したら火を弱め、アクをとりながら約5分煮ます。
  4. しょうゆを加えて火を強め、再沸騰したらまた弱火にして、煮汁がなくなるまで煮詰めたら、できあがり♪
母の場合は、加齢による物忘れみたいだけど、これ以上進行しないように食事以外でも、家族で気を付けてあげなきゃね。
まずはかつおの生姜煮を届けてあげましょう♪
Copyright (C) 2017 「食 Do!」は、健康管理士一般指導員 の 特定活動非営利法人 日本成人病予防協会 が制作しております。