INDEX | 食の概要 || 食べ物の3つの働き | 栄養素の基礎知識 | 代謝のしくみ || トラブル解決エコレシピ | ライフステージ別食育 | 食 de eco | 食 Do! 楽 |

シチュエーション別トラブル解決エコレシピ

じんましん 成人女性に多いトラブル成人男性に多いトラブル

最近、じんましんが体に出てかゆいの。
夜もぐっすり眠れないわ…。
どうしたらいいのかしら?
じんましんってどういうもの?
じんましんとは、皮膚の一部が突然かゆみとともに赤くなって盛り上がり、しばらくすると消えるといった症状を繰り返す病気です。最初の症状が出始めてから1ヵ月以内のものを「急性じんましん」、それ以上続くものを「慢性じんましん」と呼びます。
どんな症状があるの?
<じんましんの主な症状>
  • ムズムズ、チクチクかゆい
  • 皮膚が赤くなる
  • 皮膚が盛り上がる
通常、じんましんの症状は、長くても24時間以内に治まり消失します。また、夕方から夜にかけて現れ、翌朝から翌日の午前中には消えているケースが多いのが特徴です。
症状
     
 

健康管理士からのワンポイント★
 『じんましんと深くかかわっているヒスタミンとは?』


じんましんは、皮膚の真皮にある毛細血管が拡張し、同時に血管から血漿成分(水分)が漏れ出して膨らむことで生じます。この作用に深く関わるのがヒスタミンです。
ヒスタミンは、何らかの刺激により皮膚の真皮にある肥満細胞という細胞から放出される物質です。また、このヒスタミンは、皮膚の知覚神経を刺激して強いかゆみを生じさせます。つまり、肥満細胞を刺激する物質が、じんましんの原因なのです。
肥満細胞からのヒスタミンの放出が終わると、血管は縮小し、漏れ出した血漿成分も血管内に戻って、皮膚の膨らみは消失します。
健康管理士からのワンポイント
じんましんとヒスタミンの関係
 
     
何が原因なのかしら?

食べ物

サバ、マグロ、エビ、カニなどの魚介類、肉類、卵、乳製品、小麦、そば、果物、防腐剤や人工色素などの食品添加物 など
  原因_食べ物

植物・昆虫

原因_植物・昆虫イラクサ(植物)、ハチ など

抗生物質、解熱鎮痛薬などの他の病気の治療薬
  原因_薬

感染

原因_感染細菌、ウイルス、寄生虫 など

ストレス

身体的ストレス、精神的ストレス

物理的な刺激

皮膚のこすれ、締め付け、寒暖差、日光 など

発汗

運動や入浴、緊張などによるもの

内臓・全身性の病気

血液疾患、膠原病 など
<どうしたら治るの?>
じんましんになってしまったら、原因を取り除くとともに、皮膚でのヒスタミンの働きを抑える「抗ヒスタミン薬」でしっかりと治療をし、症状を緩和することが大切です。
原因_植物・昆虫

原因を探り出し、それを取り除いたり、できるだけ避けるようにします。

原因_植物・昆虫

血管や知覚神経がヒスタミンの刺激を受けないように、皮膚でのヒスタミンの働きをブロックし、かゆみや赤み、腫れなどの症状を軽くします。

どうしたら予防できるの?

十分な睡眠をとるストレスや疲労を溜めないようにする

仕事でも家庭でも、ストレスや疲労を溜めずに生活するのはなかなか難しいですが、上手な対処法を見つけることが重要です。ただし、激しい運動やお酒などは、症状を悪化させてしまう可能性があるので注意が必要です。十分な睡眠をとり、また、アロマを取り入れてリラックスしたり、音楽や読書を楽しむなど、自分なりのストレス軽減方法を見つけてみてください。

食事で予防する

−積極的に取り入れたい 栄養素や食品(予防)−
栄養素 作用 主な食材
食物繊維 腸内環境を整える 玄米、ごぼう、こんにゃく、きのこ など
ビタミンC 抗ストレス作用、抗酸化作用 パプリカ、ブロッコリー、キウイ、イチゴ など
ビタミンA 皮膚の保護 レバー、魚介類、にんじん、かぼちゃ
発酵食品 免疫力向上 納豆、ヨーグルト、甘酒、キムチ など
     
 
管理栄養士・健康管理士からのエコアドバイス

★ 管理栄養士・健康管理士からエコアドバイス★


今回は甘酒を使った料理をご紹介します!
発酵食品である甘酒は、腸内細菌の善玉菌のエサとなり、腸内環境を整え免疫力UPにつながる食品です。風邪の予防や、美容、便秘改善にも良いと注目されています。
甘酒は、米麹を使用するものと、酒粕を使用するものの2種類に分けられます。酒粕を使用する場合砂糖を添加して作るため、ダイエット中の方には砂糖を使用しない米麹の甘酒の方がオススメです♪
  カレンダー「旬の食材カレンダー」はこちら→
 
     
じんましんの方にオススメエコレシピ
<甘酒ヨーグルト>
今回は、発酵食品の甘酒とヨーグルトを使ったレシピです!甘酒とヨーグルトを混ぜるだけの簡単レシピです!
ぜひ作ってみて下さい♪
レシピイラスト
材料(2人分) 分量
甘酒 200cc
ヨーグルト 100g
少々

エネルギー(1人分):120kcal
<作り方>
  1. 大きめの容器に甘酒とヨーグルトを混ぜ入れる。
  2. 氷を入れたグラスに1.を注いで完成♪
これなら手軽にいつでも作れるわね!
免疫力UPのために、
これから家族みんなで飲むようにするわ!!!
Copyright (C) 2018 「食 Do!」は、健康管理士一般指導員 の 特定活動非営利法人 日本成人病予防協会 が制作しております。