INDEX | 食の概要 || 食べ物の3つの働き | 栄養素の基礎知識 | 代謝のしくみ || トラブル解決エコレシピ | ライフステージ別食育 | 食 de eco | 食 Do! 楽 |

シチュエーション別トラブル解決エコレシピ

過敏性腸症候群(IBS) 女の子に多いトラブル男の子に多いトラブル成人女性に多いトラブル成人男性に多いトラブル

中学生や高校生でも過敏性腸症候群(IBS)が増えている
ってご近所さんに聞いたけど、
実と咲は大丈夫なのかしら…?
過敏性腸症候群(IBS)ってどういうもの?
過敏性腸症候群(IBS:Irritable Bowel Syndrome)とは、腸の検査や血液検査で胃腸には明らかな異常が認められないにもかかわらず、腹痛や腹部の不快感を伴い、便秘や下痢が慢性的に続く病気です。
男性では下痢型、女性では便秘型が多い傾向にあります。
近年増加している現代病の一つで、働き盛りの社会人に多いといわれていましたが、低年齢化が目立つようになってきています。
     
 

健康管理士からのワンポイント★
 『脳腸相関』


腸と脳は、「脳腸相関」といわれるほど、密接な関係があります。

腸と脳の神経は自律神経を介し、つながっていて、不安や緊張などのストレスを脳が感じると、自律神経を介し腸を刺激します。それにより、蠕動運動に異常が生じ、便通異常や腹痛をもたらします。
また、下痢や便秘などの腸の症状は脳にストレスを与えるため、症状の悪循環を引き起こすことになります。
健康管理士からのワンポイント
脳腸相関
過敏性腸症候群の方は、少しの刺激でも腸が敏感に反応しやすく、便通異常や腹痛が起こりやすくなっていて、体が感じたストレスは脳が敏感にキャッチし症状や不安が悪化していくので、負のスパイラルが起きやすいといえます。
 
     
どんな症状があるの?
主な症状は以下の3種類に分類できます。
  1. 下痢型
    軟便や水様便、粘液便が頻繁に出ます。
  2. 便秘型
    便がでてもウサギの糞状の硬いコロコロした便で、排便後も残便があります。
  3. 交替型
    下痢の状態と便秘の状態を交互に繰り返します。
※どの型にも起こり得る症状として、排便により緩和する下腹部の痛みや不快感、腹部膨張、疲労感、吐き気、不安感、不眠、抑うつなどがあります。
症状
なにが原因なのかしら?

原因として一番多いのは、精神的なストレスですが、その他にも下記の原因が挙げられます。

  • 本人の性格
    まじめで几帳面な方、内向的、完璧主義の方はなりやすいといわれています。
  • 不規則な生活
  • 精神的な不安、緊張
  • 食生活の乱れ
  • アルコールやカフェインの過剰摂取
  • 睡眠不足
  • 喫煙
    たばこのニコチンが自律神経を刺激し、交感神経と副交感神経のバランスを崩し、腸が勝手に蠕動運動をしてしまいます。
どうしたら予防できるの?解消法は?

生活習慣を見直しましょう

食事と睡眠の時間を規則正しくし、生活リズムを整えることで、自律神経はバランスが取れた状態を保つことができます。 精神的なストレス、生活の乱れにより引き起こされることが多いため、ストレスの解消が基本となります。

  • 適度に運動をしましょう
    腸の働きを整える他、気分転換、ストレス解消にもなります。
  • ストレスと上手に向き合い、自分なりの発散方法を見つけてストレスを溜めないようにしましょう
  • 便意がなくても朝食後はトイレに行くようにしましょう
  • たばこは控えるようにしましょう

食事

  • 胃や腸に負担をかけ過ぎないようにするためにも、3食しっかり食べ、時間をかけて食事を取るようにしましょう
  • 暴飲暴食は胃腸に負担がかかるので、避けるようにしましょう
  • 腸が敏感に反応しやすくなっているので、なるべく消化の良い食べ物を食べるようにしましょう
  • 下痢を繰り返す時は、香辛料などの刺激物、冷えた飲食物、脂っこい食べ物、乳製品やアルコールを控えましょう
  • 便秘の場合は、香辛料などの刺激物を避け、水分や食物繊維を多く摂取しましょう
     
 
管理栄養士・健康管理士からのエコアドバイス

★ 管理栄養士・健康管理士からエコアドバイス★


じゃがいもは年中日本各地のどこかで収穫されますが、といえるのは2〜5月、11月〜12月の年2回です。
じゃがいもには粘膜の炎症を抑え、胃腸の働きを整えてくれる作用があるので、消化不良の時にはオススメです。
また、ビタミンCが豊富な上に主成分であるデンプンに守られているので、加熱しても損失が少ないので効率よく摂取することができます。
更にビタミンCに並んで「カリウムの王様」と呼ばれるくらいカリウムも豊富に含まれているので、体の中の塩分バランスを調整し、高血圧予防、むくみ解消にもつながります。
  カレンダー「旬の食材カレンダー」はこちら→
 
     
過敏性腸症候群(IBS)の方にオススメエコレシピ
<じゃがいもとにんじんのクタクタスープ>
じゃがいもにはペクチンが多く含まれているため、消化器の粘膜を保護すると同時に水を吸着してくれるので、腸の働きに作用し、便通を整えてくれます。
胃腸になるべく負担をかけないように今回はじゃがいもと人参をくたくたになるまで煮たスープをつくってみましょう♪
※じゃがいもの芽は下痢の原因にもなるので、しっかり取って、調理しましょう。
レシピイラスト
材料(2人分) 分量
じゃがいも 1個
にんじん 1/3本
玉ねぎ 1/4個
固形コンソメ 1個
300cc
少々
こしょう 少々

エネルギー(1人分):46kcal
<作り方>
  1. じゃがいも、にんじんを角切り、玉ねぎをみじん切りにする。
  2. 鍋に水とコンソメを入れて火にかけ、沸騰したら鍋に1.を入れて柔らかくなるまで煮る。
  3. 塩、こしょうで味を整えたら出来上がり♪
シンプルでとっても簡単だわ!
胃腸が疲れている時にはお腹にやさしくぴったりね♪
Copyright (C) 2017 「食 Do!」は、健康管理士一般指導員 の 特定活動非営利法人 日本成人病予防協会 が制作しております。