INDEX | 食の概要 || 食べ物の3つの働き | 栄養素の基礎知識 | 代謝のしくみ || トラブル解決エコレシピ | ライフステージ別食育 | 食 de eco | 食 Do! 楽 |

シチュエーション別トラブル解決エコレシピ

肥満 成人女性に多いトラブル

夫が健康診断で肥満ぎみと診断されたらしいの。
最近運動不足だから、とは言っていたけれど、どう解消したらよいかしら?
肥満ってどういうもの?
人の体は水分と筋肉に多い糖質、タンパク質、骨に多いミネラル、そして脂肪でできており、脂肪の割合が多過ぎる状態を肥満といいます。ただし、肥満と判定された全ての人が医学的に問題が起きるとは限りません。
肥満の判定には、身長と体重から割り出すBMIという指標を用います。男女ともBMI指数がほぼ22のとき病気にかかりにくく、25以上になると有病率が高まります。そこで、22を標準値とし、25以上を肥満としています。
肥満は食べ過ぎや運動不足により摂取エネルギーが消費エネルギーを上回って起こる「単純性肥満」と病気などなんらかの原因で起こる「症候性肥満」があります。
リンク詳しくは日本成人病予防協会のHPへ→
どんな症状があるの?
糖尿病や脂質異常症などの代謝異常や、高血圧などの循環器疾患など、多くの疾病を発症させたり悪化させたりする要因になります。
問題なのは脂肪のついている部位で、内臓についている内臓脂肪型肥満の場合には代謝異常発生の引き金になって徐々に疾病に進行していく危険性があります。
症状
リンク詳しくは日本成人病予防協会のHPへ→
何が原因なのかしら?
症候性肥満は内分泌性肥満、遺伝性肥満、視床下部肥満、薬物性肥満といった原因による分類があります。症候性肥満の疑いがある場合には、医療機関で精密検査が行われ、肥満の原因となる病気に応じた治療が行われます。病気を抱えている人で肥満気味の場合には、医療機関で受診するとよいでしょう。

単純性肥満は摂取エネルギーの取り過ぎ、消費エネルギーの減少の2つが原因です。
ここでは単純性肥満について、具体的な原因をみていきましょう。

  • インスリンの分泌過剰
    インスリンが過剰に分泌されることで、ブドウ糖が中性脂肪として蓄積され、結果肥満になります。
     
 

健康管理士からのワンポイント★
 『インスリンの働き』


膵臓から分泌されるインスリンは糖尿病のところで触れた通り、ブドウ糖を肝臓で中性脂肪にして蓄積するのを助ける働きがあります。
また血液中のブドウ糖を全身の筋肉や細胞へ送り込む働きも持っています。
たくさん食べることで急に血液中の糖の濃度が上がると、インスリンがそれを下げるよう分泌され、ブドウ糖が中性脂肪に作り変えられてしまうのです。
健康管理士からのワンポイント
 
     
  • 脂肪細胞が増える、肥大する
    小児のころに栄養過多により細胞数が増大して、肥大することによって肥満になります。
  • 食生活の乱れ
    ドカ食いやまとめ食い、不規則な時間に取る、夜のまとめ食い、早食いなどの食生活の乱れは自律神経を乱し、肥満を招きます。
  • 運動不足
    運動不足により筋肉の量が減ると、基礎代謝が低下して消費エネルギーを減らしてしまいます。
    また、インスリンなどのホルモン分泌や酵素の生成などさまざまな部分に障害が起きて肥満を引き起こします。
  • 加齢
    年を取ると筋肉量が減り、それに伴い基礎代謝も減ってしまいます。
    消費エネルギーが減っているのに、摂取エネルギーはそのままだと、その過剰なエネルギー分が肥満になります。
    また閉経後の女性はホルモンの分泌がアンバランスになるため自律神経に乱れが起こり肥満になりやすくなります。
リンク詳しくは日本成人病予防協会のHPへ→
どうしたら予防できるの?解消法は?
肥満は摂取エネルギーの取り過ぎと、消費エネルギーの減少が主な原因です。食べ過ぎなどの食生活や運動不足などの運動習慣の見直しをすれば、肥満を予防解消することができます。
肥満になり治療を行う場合にも、食事療法と運動療法を併用して治療に当たります。

食事

肥満を予防するには、食事の内容と取り方に注意することが大切です。

まずは食べ過ぎや飲みすぎ、高カロリーの食事に気を付け、適正摂取量を心掛けましょう。ただし、急激に食事量を減らすと、貧血や拒食症などを引き起こし体に悪影響を及ぼすので注意しましょう。

脂質
は中性脂肪になりやすい動物性油脂ではなく、コレステロールを低下させる不飽和脂肪酸を含むオリーブ油やなたね油といった植物油を取るようにしましょう。

タンパク質
は脂質代謝に関与するため、十分に取りましょう。良質で脂質分の少ない豆類や赤みの肉などがよいでしょう。

摂取量ばかりでなく、栄養バランスにも気を付けましょう。食事量を制限すると代謝を助けるビタミンミネラル食物繊維が不足しがちです。野菜や海藻など積極的に取りましょう。砂糖を使った甘い食べ物はエネルギーが高く、中性脂肪になりやすいので、控えるようにしましょう。


−日常の食事で気を付けること−

  1. 食事時間を守り、就寝直前に食べないようにしましょう
  2. 1日3食、規則正しく食べましょう
  3. ゆっくりよくかんで、食事に時間をかけましょう
  4. 食事はバランスよく食べましょう
  5. 食事はいつも腹八分目にしましょう
  6. 間食・外食・アルコール摂取が習慣となっている場合には改善しましょう

運動

肥満は食生活だけでは解消できません。適度な運動を取り入れて、消費エネルギー量を増やすようにしましょう。
ジョギングやウォーキングといった有酸素運動は脂肪を燃やし、エネルギーを消費するのに最適です。また、筋肉トレーニングなどの無酸素運動は筋肉量を増やすので、基礎代謝を増やすことができる運動です。
運動習慣のない人は、日常生活の中で、階段を使ったりこまめに体を動かしたりすることから運動量を増やしていきましょう。

リンク詳しくは日本成人病予防協会のHPへ→
     
 
管理栄養士・健康管理士からのエコアドバイス

★ 管理栄養士・健康管理士からエコアドバイス★


たけのこのは4〜5月です。
生のたけのこはほうっておくとえぐみが増すので、すぐにぬかを入れた湯で下ゆでして、えぐみを取り除きましょう。
えぐみはシュウ酸やホモゲンチジン酸と呼ばれる成分がほとんど。ぬかに含まれるカルシウムはそのえぐみ成分を中和するのです。
のたけのこと野菜をたっぷり使い、上手に肥満を予防しましょう♪
  カレンダー「旬の食材カレンダー」はこちら→
 
     
肥満の方にオススメエコレシピ
<八宝菜>
低エネルギーで良質なタンパク質を含むいかと豚肉、余分な栄養素排せつを促したり、血糖値の上昇を抑制したりする食物繊維たっぷりのたけのこやしいたけ、ビタミンDカルシウムなどミネラルたっぷりのきくらげなど、野菜をたっぷり使い、油を控えめにした低カロリーレシピです。
レシピイラスト
材料(2人分) 分量
豚もも肉(薄切り) 80g
いか 30g
たけのこ(ゆで) 30g
長ねぎ 1/2本
ピーマン 1/2個
にんじん 1/3本
しいたけ 2枚
白菜 20g
きくらげ(乾燥) 1g
サラダ油 小さじ2
水溶き片栗粉 適量
うずらの卵(ゆで) 4個
(A) 1/2カップ
中華だしの素 小さじ1/4
大さじ1
砂糖 小さじ1
塩・こしょう 少々
<作り方>
  1. 豚肉は1口大に切り、酒小さじ1、しょうゆ小さじ1をふっておきます
  2. いかは1口大に切って格子状に切れ目を入れます。たけのこは薄切りに、長ねぎは斜め薄切り、ピーマンはいかと同じ大きさに切ります。にんじんは短冊切り、しいたけは5mm幅、白菜は3cm幅に切ります。きくらげは水で戻し、食べやすく切ります
  3. フライパンを熱して油をひき、2.の固いものから順に炒めます
  4. 3.に(A)を加えて味を整え、最後に水溶き片栗粉でとろみをつけて、器に盛ります
  5. ゆでたうずらの卵をのせて完成です

早速こんばんのおかずに作ってみよう!
Copyright (C) 2017 「食 Do!」は、健康管理士一般指導員 の 特定活動非営利法人 日本成人病予防協会 が制作しております。