INDEX | 食の概要 || 食べ物の3つの働き | 栄養素の基礎知識 | 代謝のしくみ || トラブル解決エコレシピ | ライフステージ別食育 | 食 de eco | 食 Do! 楽 |

シチュエーション別トラブル解決エコレシピ

アトピー性皮膚炎 成人女性に多いトラブル

お友達のお子さんがアトピー性皮膚炎って言っていたわ。
どうしたらよいかしら?
アトピー性皮膚炎ってどういうものをいうの?
アトピー性皮膚炎とは、かゆみのある湿疹を主な病変とし、良くなったり悪くなったりを繰り返す皮膚疾患のことです。
アトピー性皮膚炎は、子どものころに発症しても成人するまでに治る人が多いですが、近年では成人になってから発症、再発する方が増えてきています。
どんな症状があるの?
アトピー性皮膚炎の症状は、個人差がありますが、前額、眼囲、口囲、口唇、耳介周囲、頚部、四肢関節部、体幹などに多くみられます。
また、主な症状はかゆみと湿疹で、左右対称に発症することが多いです。
湿疹の特徴は、赤みがある、じゅくじゅくとした皮膚の隆起がある、皮膚がむけて粉を吹いているなどがあります。また、症状が慢性化すると、皮膚が厚く硬くなる、硬いしこりができてきます。
症状
     
 

健康管理士からのワンポイント★
『かゆみはなぜ起こるの?』

皮膚にはかゆみを感じる知覚神経があります。真皮にあるマスト細胞が、何らかの原因でヒスタミンを放出すると知覚神経が刺激されます。すると、その刺激が"かゆみ"として脳に伝えられます。
また、かゆいからといって掻くと、知覚神経が刺激されます。その結果、さらにヒスタミンを放出してしまい、かゆみが増長されてしまいます。
健康管理士からのワンポイント
かゆみのしくみ
 
     
何が原因なのかしら?
アトピー性皮膚炎の原因は、大きく分けて2つあります。
  • 体質
    ●アトピー素因
    ●遺伝
    ●皮膚のバリア機能の低下
    ●免疫システムの過剰反応
                          など
  • 環境
    ●アレルゲン(食べ物、花粉、ハウスダスト、ダニなど)による刺激
    ●化学物質(日用品や化粧品、金属など)の刺激
    ●腸内環境の悪化
    ●皮膚の乾燥
    ●不衛生な環境
    ●ストレスや不規則な生活
    ●紫外線による肌のダメージ
    ●気候の変化
    ●汗や汚れ
                          など
どうしたら予防できるの?解消法は?
アトピー性皮膚炎の悪化要因がわかっている場合は、できるだけ接触を避ける工夫が必要です。また、皮膚の状態が良くなっても再燃してしまうことが多いので、予防を意識した生活習慣を身に付けることが大切です。

環境整備

〇皮膚を刺激する素材の衣類や寝具は避けるようにしましょう
〇こまめに掃除と空気の入れ替えをするようにしましょう
〇しっかりと睡眠をとりましょう
〇ストレスをためないようにしましょう

スキンケア

基本は清潔と保湿です。
〇刺激や洗浄力の強いものは避けましょう
〇泡立てた石鹸でやわらかく洗い、すすぎをしっかり行いましょう
〇入浴後、皮膚が乾燥する前に保湿剤を全身に塗りましょう

食事

自分にとってアレルゲンであれば避ける必要がありますが、食べもので免疫力を高めることも大切です。
〇和食中心の食生活を心掛け、ビタミンやミネラルを積極的に取るようにしましょう。

また、そのほかにも下記の点を心掛けることが大切です。
〇脂っこいもの、辛いもの、添加物、砂糖などはできるだけ控えるようにしましょう
〇ヒスタミンを多く含む食品の食べ過ぎには注意しましょう

     
 
管理栄養士・健康管理士からのエコアドバイス

★ 管理栄養士・健康管理士からエコアドバイス★


アトピー性皮膚炎にオススメな食材はれんこんで、は11月〜3月です。
れんこんには、粘り気成分であるムチンが豊富に含まれています。そのため、胃壁や腸の粘膜を保護し、細菌などの侵入を防ぎ免疫力を高めてくれます。しかし、ムチンは水溶性で熱に弱いので、根菜スープにするなどし、水に溶けたムチンも同時に摂取できるようなメニューがおすすめです。
また、れんこんに含まれるタンニンやポリフェノールはヒスタミンの分泌を抑制する働きがあります。そのため、アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー症状の緩和につながります。
  カレンダー「旬の食材カレンダー」はこちら→
 
     
アトピー性皮膚炎を解消するオススメエコレシピ
アトピー性皮膚炎の症状発症には、免疫機能の乱れが関係しているといわれています。免疫細胞の約7割は腸にあるため、腸内環境の改善が免疫力アップにつながります。
食事で腸内環境を善玉菌優勢にし、腸内環境を整えるようにしましょう。
<れんこんヨーグルト>
ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、腸内環境の改善に働きます。そして、れんこんは、食物繊維が豊富に含まれているので、腸のぜん動運動を高め便通を促進してくれます。この2つの食材が組み合わさることで相乗効果が得られ、整腸作用が高まります。
今回は、れんこんとヨーグルトを使って、れんこんヨーグルトを作ってみましょう ♪
レシピイラスト
材料(1人分) 分量
れんこんパウダー ティスプーン1杯
無糖のプレーンヨーグルト 100g
はちみつ お好みで

エネルギー(1人分):67kcal
<作り方>
  1. れんこんを2〜3cmに切り、2〜3日天日干しにする
  2. 1.をフードプロセッサーで細かく粉末状し、れんこんパウダーをつくる
  3. 器にヨーグルトを入れて、れんこんパウダー、お好みではちみつをかければ出来上がり♪
お湯にれんこんパウダーを入れれば、れんこん茶になるのね。
れんこんパウダーを使えば簡単にれんこんが取れるわ。
早速お友達にも教えてあげなきゃ♪
Copyright (C) 2017 「食 Do!」は、健康管理士一般指導員 の 特定活動非営利法人 日本成人病予防協会 が制作しております。